鼻背部軟骨移植術について

鼻背部軟骨移植の施術についてもっと詳しく伺いたいのですが、いったいどのような施術でしょうか。
また費用も教えて頂けると幸いです。

A 鼻背部軟骨移植術は文字通り鼻背に高さが必要な際に、主に耳介軟骨を移植する方法です。
場合によっては肋軟骨や鼻翼軟骨を用いることもございます。
単独で行うこともありますが、通常は鼻中隔延長術で鼻先が高くなり、プロテーゼを用いたくない場合に鼻背部軟骨移植術を用いて鼻背ラインを整えます。
費用は300,000円(税別)となっております。

鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術で鼻中隔延長を行った場合は石灰化は 起こらないのでしょうか?

鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術で鼻中隔延長を行った場合は石灰化は
起こらないのでしょうか?
また、鼻筋が通ったように見えますか?

A プロテーゼを用いませんので、石灰化は起こらないと思います。
鼻の下半分がすっきりと高くなり、鼻筋はしっかりと通ります。

鼻中隔延長術にプロテーゼを併用するか、鼻背部軟骨移植術にするか迷っています

プロテーゼの変形は稀と聞きましたが何%位の確率でしょうか?
鼻中隔延長をする予定なのですが、プロテーゼを入れようか、自家組織で施術を受けようか悩んでいて、見栄え的にはプロテーゼの方が良いと思われるのですが、トラブルの事を考えると中々踏み出せません。

A プロテーゼの変形の確率は申し訳ございませんが、
当院では非常に少なく、データを持っておりません。
もしもプロテーゼに抵抗があるようでしたら、鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術でもかなり綺麗に鼻が整います。
そちらを選択される方が当院の鼻中隔延長術を受けられる方の1/4くらいになります。
異物に抵抗がある方がまだまだいらっしゃるため、そのような方にとって鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術はとても優れた選択肢となっております。

鼻背部軟骨移植術はどこから軟骨採取し移植しますか

鼻背部軟骨移植術は耳の裏の軟骨を移植する方法ですか? それとも鼻の内部の軟骨を移動させる方法ですか?

A 鼻背部軟骨移植術に関しましては、通常耳介軟骨もしくは肋軟骨を採取し手術を行っております。場合によっては鼻翼軟骨を用いる場合もあります。鼻先と鼻骨下端のハンプ部分のギャップや陥凹を埋める目的に鼻背部に軟骨移植いたします。

鼻中隔延長術と同時に行う鼻背部軟骨移植術はどのような効果のある手術ですか?

鼻中隔延長と一緒に行う鼻背部軟骨移植術とはどのような効果のある手術ですか?

A 鼻背部軟骨移植術は文字通り鼻背に高さが必要な際に、主に耳介軟骨を移植する方法です。
場合によっては肋軟骨を用いることもございます。
単独で行うこともありますが、通常は鼻中隔延長術で鼻先が高くなり、鼻背をプロテーゼで高くしたくない場合に鼻背部軟骨移植術を用いて整えます。
この術式を一緒に行わないと、ピノキオの様な鼻先のみ高い鼻になってしまうからです。

鼻先の高さを残しながらプロテーゼが浮いてきているのを修正したい

去年の夏に鼻プロテーゼ+鼻中隔延長術+鼻尖縮小手術をしました。
最近になってプロテーゼが浮いてきたような感じがします。
なので、除去したいのですが手術した病院に相談したところ、鼻中隔延長術と鼻尖縮小術をしているから抜くと鼻先だけ高くなり不自然になると言われてしまい悩んでいます。(高さや形は気に入っているのであまり変えたくないです)
鼻中隔延長術と鼻尖縮小術の手術をしていると、こちらの病院で修正はできないのでしょうか?

A 鼻中隔延長術+鼻プロテーゼ+鼻尖縮小術後にプロテーゼが浮いてきてしまったので取り出したいということですが、当院での修正方法は、
①プロテーゼを抜去したのち、浮きにくいゴアテックス製プロテーゼへの入れ替えを行う方法、
②プロテーゼを抜去したのち、鼻背部に耳介軟骨移植を行い、鼻先からの流れを整え、必要に応じ鼻根部、眉間はヒアルロン酸などの注入を行い高さを維持するなどの方法が考えられます。
これらの方法であれば鼻先の形はそのままで手術を行うことができます。

プロテーゼが曲がっていて、鼻先も丸く鼻の穴が見えやすいのを改善させたい。

数年前、他院でI型プロテーゼを入れています。
しかし、眉間に近い方のプロテーゼが左側に寄って曲がって入っていて気になります(真っ直ぐに治してほしいと行ったところ、できないと言われました)。
また、正面から見える鼻穴と、鼻先が丸いのも気になります。
鼻筋を真っ直ぐに、鼻穴を見えないように、横から見たときにスッと尖った鼻に見えるには、どのような手術をすればいいのでしょうか?

A お問い合わせのような場合に多い修正術式としましては、鼻中隔延長術+他院鼻プロテーゼ入れ替え術+眉間プロテーゼ手術になります。プロテーゼを入れることに抵抗がある場合には、鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術の組み合わせも良く行う術式です。

鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術後の腫れについて

鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術の手術後の腫れはどのくらいですか?

A およそ1週間でかなり腫れは引いてしまいます。プロテーゼを入れる場合は目元周囲まで腫れますが、鼻背部軟骨移植術の場合、目元あたりはほとんど影響がありません。鼻先の浮腫みはありますが、自然な範囲でおさまります。

異物なしに鼻を高く整えたい。

私は、鼻が低く、平べったい、団子鼻で悩んでいます。鼻自体も短めで、鼻筋の通った方を、とても羨ましく思い、この度、メールにて相談させていたただきます。
鼻をどうにかしたいのですが、プロテーゼなどの異物を体内に入れるのは、とても抵抗があります。また、明らかに整形した、という感じの顔になるのも、嫌なのです。なので、鼻尖縮小術3D法、または鼻翼縮小術を考えています。この二つの手術のどちらかをした後に、鼻中隔延長法をする事は可能でしょうか。理想の鼻は、沢山ありますが、なるべく自然な鼻を希望しております。
また、存在感があまり無い、小ぶりな鼻が、希望です。

A 「整ったきれいなお鼻」をご希望でしたら鼻全体を整えることができるプロテーゼと鼻中隔延長術の組み合わせをおすすめいたしますが、プロテーゼは抵抗がということなので、注入または自家組織による隆鼻を検討する形になると思います。

鼻が低く小さい方に鼻尖縮小術、鼻翼縮小術など縮小する手術を行うと、さらにバランスを失う事が予想されます。小さすぎて逆に目立つ可能性がありお勧めいたしません。やはり鼻中隔延長術によって初めから高さを得ていくのが良い方法と考えます。もちろん自然な範囲で行う事で存在感がない標準的なバランスの鼻にすることが可能です。その場合、鼻背に鼻背部軟骨移植術を用いることで異物を使用せず鼻を整えることが可能です。