鼻プロテーゼ抜去術

プロテーゼが曲がった、触ると動くのでばれるのが心配、鼻が高すぎる、形が気に入らない、変形してきた、鼻先が上向きになってしまった、赤く腫れてきた、鼻先の皮膚が薄くなってきたなど、さまざまな理由からプロテーゼを除去する機会があります。当院では鼻腔内から適切にプロテーゼを除去し、入れていた空間を綺麗に洗浄し、元の状態に可能な限り戻します。

トラブル例

①鼻筋のプロテーゼが浮き出て分かる。鼻先がとがりすぎて不自然。触ると動く。

浮き出る

②鼻先が赤くなってきた。

赤くなる

③プロテーゼが曲がっている。

曲がる

④下からの形が不自然

不自然

プリモのこだわり

  • 傷は鼻の穴の中のみで目立ちません。
  • プロテーゼの抜去と同時にヒアルロン酸などの注入が可能です。
  • 静脈麻酔により手術を行うので痛みや怖さの心配はありません。

方法


鼻腔内からプロテーゼを抜去します。

プロテーゼが様々な問題を起こしていたり、抜去後に鼻の変形が予想される場合は、同時に脂肪や側頭筋膜移植などの軟部組織、あるいは軟骨移植(鼻中隔延長術などによる修正)を行う場合もあります。

鼻プロテーゼ入れ替え術について詳しくはこちら

抜去した後、形や高さの変化が大きく心配な場合、鼻の高さや形を維持する目的に、抜去と同時にヒアルロン酸などの注入を行うこともあります。これにより抜去後の鼻の形態の変化がマイルドになり、ヒアルロン酸の吸収とともに緩やかに元の形に近づいていきます。

基本的に鼻腔内から前の手術の傷を利用しプロテーゼを摘出します。プロテーゼが様々な問題を起こしていたり、抜去後に鼻の変形が予想される場合は、同時に脂肪や側頭筋膜移植などの軟部組織、あるいは軟骨移植(鼻中隔延長術などによる修正)を行う場合もあります。
抜去した後、形や高さの変化が大きく心配な場合、鼻の高さや形を維持する目的に、抜去と同時にヒアルロン酸などの注入を行うこともあります。これにより抜去後の鼻の形態の変化がマイルドになり、ヒアルロン酸の吸収とともに緩やかに元の形に近づいていきます。

抜去例

L型プロテーゼの下脚が長いタイプです。鼻先も細く不自然に丸く、上向きの鼻先が嫌で抜去しました。
10年程入っていたので一部石灰化を認めました。

L型プロテーゼの下脚が短いタイプです。やはり鼻先の形が不自然で抜去しました。

I型プロテーゼですが、鼻先近くまで入っていて鼻先の向きは上向きになっていました。
L型ではなくI型でも鼻先まで入っていると皮膚が薄くなったり、不自然な鼻先の形態になることがあり、
トラブルが多くなります。

L型プロテーゼで、曲がっている部分が柔らかいシリコンのタイプです。
やはりやや上向きで、少し曲がって入っていたため抜去しました。

Q&A

  • 手術後の腫れはどのくらいでひきますか?
  • 手術後2-3日ほどでひいてしまいます。
  • お化粧はいつからできますか?
  • 手術直後から化粧が可能です。
  • プロテーゼ抜去した後、鼻が変形しないですか?
  • 大きなプロテーゼの場合、鼻尖の軟骨を変形させたり、鼻尖の皮膚が薄くなりやすく、抜去した後に変形をきたす場合があります。またプロテーゼは異物なのでカプセルが周囲に形成されます。長期にわたりプロテーゼを入れているとカプセルが石灰化をきたすことがあります。このカプセルが強く厚い場合、多少の変形が残る場合があります。もしも変形した場合には、修正手術により鼻形態をより良くする形成する方法、例えば鼻中隔延長術などで修正を行う方法が推奨されます。小さな変形の改善にはヒアルロン酸を抜去と同時に注入するなども有効です。
  • 再度プロテーゼを入れることはできますか?
  • 今のプロテーゼに不満がある場合には、プロテーゼ入れ替え術で改善が可能です。手術は鼻の中から行います。新しいプロテーゼの形はその方の希望に応じオーダーメイドで加工します。プロテーゼが動く場合、プロテーゼを入れているスペースを変更する事で解決が可能です。曲がっている場合は、改めて入れなおしプルアウト固定をしっかりと行うことで修正が可能です。
    一度抜去して、しばらくしてからのプロテーゼ再挿入ももちろん可能です。その場合、抜去術から1~3カ月ほどあけると、術後の腫れの影響がほとんど無くなり、正確な形の評価が可能になります。
  • 手術は痛いですか?
  • 基本的に静脈麻酔下に手術を行いますので、術中痛みを感じることはありません。局所麻酔下の手術を希望される場合、ブロック麻酔を併用し、麻酔を打つときの痛みが最小限となるよう工夫しております。
  • ゴアテックスで隆鼻していますが抜去できますか?
  • ゴアテックスも抜去可能です。

料金

当院手術後 50,000円
他院手術後 100,000円
※表示金額は税抜価格となります。

症例写真はこちら

術後経過・リスク・副作用・合併症について

術後経過について

手術後の腫れ
2~3日程度で引いていきます。
化粧
手術直後から化粧や洗顔をすることができます。
手術後の内出血
稀に発生することがあります。内出血が生じると鼻周囲、まぶた、頬などが紫色や黄色っぽくなります。個人差はありますが、通常1~2週間で徐々に吸収され消失いたします。
手術後の違和感
手術後鈍い痛み、鼻に違和感を生じることがあります。多くの場合、数日で消失いたします。
ヒアルロン酸注入併用した場合
ヒアルロン酸注入後、鼻は柔らかく、触るとヒアルロン酸が動きます。必要以上に触らないようご注意下さい。
傷跡
抜去は鼻腔内から行うため、顔表面には傷は一切残りません。
鼻先の感覚が鈍くなる
術後、鼻先の感覚が鈍くなることがありますが、一時的なものがほとんどです。
鼻出血
手術後、鼻から出血がみられることがあります。鼻の穴を必要以上に弄ったり、指などを入れないようにしてください。

リスク・副作用・合併症について

手術後の鼻の高さの変化
プロテーゼを抜去するため鼻が低くなります。鼻骨が変形している場合もあります。プロテーゼ周囲にカプセル(被膜)が形成され、石灰化している場合があります。石灰化が進んでいると、カプセルが固く残る場合があります。
感染
稀ですがどのような手術でも感染のリスクがあります。感染した場合、抗生物質点滴、洗浄処置、膿が溜まっている場合は小切開排膿を行い、場合によっては異物の除去などの処置が必要です。
手術後の鼻先の変形
鼻先までプロテーゼが入っている場合、鼻先の軟骨が変形している場合があります。皮膚が薄くなって伸びており、鼻先が変形したり、へこんでいる場合もあります。変形している場合は、鼻中隔延長術などの軟骨移植術、側頭筋膜移植術などが必要となる可能性があります。
ヒアルロン酸が残る
ヒアルロン酸を注入した場合、稀にヒアルロン酸が吸収されず残る場合があります。気になる場合はヒアルロン酸分解剤などで対応します。

起こりうる可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。