鼻背部軟骨移植術について

鼻背部軟骨移植の施術についてもっと詳しく伺いたいのですが、いったいどのような施術でしょうか。
また費用も教えて頂けると幸いです。

A 鼻背部軟骨移植術は文字通り鼻背に高さが必要な際に、主に耳介軟骨を移植する方法です。
場合によっては肋軟骨や鼻翼軟骨を用いることもございます。
単独で行うこともありますが、通常は鼻中隔延長術で鼻先が高くなり、プロテーゼを用いたくない場合に鼻背部軟骨移植術を用いて鼻背ラインを整えます。
費用は300,000円(税別)となっております。

鼻に入れたプロテーゼが石灰化してしまうとどうなりますか

プロテーゼが石灰化してしまうとどの様な症状があるのでしょうか?

A 石灰化することでプロテーゼを触れた際に少しざらざらとした感触になることがあります。
重症になるとプロテーゼが変形することが極稀にあります。
一部が盛り上がるなどの症状を認め、皮膚が薄くなり白く透ける事もございます。

鼻のプロテーゼは一生ものでしょうか?

鼻のプロテーゼを入れようか悩んでいるのですが、プロテーゼは一生ものでしょうか?
メンテナンスはかかりますか?
歳をとっても入れたまま過ごすのは可能なのでしょうか?
プロテーゼの寿命など、デメリットをお聞きしたいです。

A 鼻のプロテーゼは効果が永続する手術となっております。
メンテナンスは基本的に不要でございますが、長期で入れている中で石灰化が目立つ場合、感染が起きた場合などには修正が必要です。
当院ではそれらの可能性をより低いものにするべく、シリコン製プロテーゼよりもゴアテックス製プロテーゼを好んで用いております。
ゴアテックス製プロテーゼの方が石灰化が少ないといわれております。

非吸収性ジェルを除去して同時にプロテーゼを入れたい

非吸収性ジェル除去のデメリットは完全に取り除けないと聞いたのですか、除去してすぐプロテーゼを入れ替えてデメリットはありませんか?

A 異物除去を行いながらプロテーゼを同時に入れる場合には、オープンアプローチで行いますので高確率でジェル除去はできるかと思いますが、やはり100%の除去は難しくなっております。
当院で同じご状態から除去後すぐのプロテーゼ挿入された方もおられますが、皆様問題なく順調な経過となっております。
当院ではゴアッテクスというプロテーゼを使用しており、石灰化の可能性が少ないといわれています。
ゴアテックス自体は美容外科でのみ使用する材質ではなく、心臓血管外科でも脳外科でも一般外科でも使用している材質です。ご希望に応じシリコンプロテーゼを用いることも可能です。

隆鼻術後1週間で腫れが気になります

一週間程前に他院で鼻のプロテーゼを入れたのですが、アバターみたいになってるように見えてどうしたらいいかわかりません。

A 通常、術後1週間ですとまだ腫れが顕著にでている時期と推察致します。
そのために、アバターのように眉間が高くなっている可能性がございます。
当院でプロテーゼを挿入された場合でも、術後1週間ですとまだまだ腫れている時期であり、最終的な完成までは6カ月程度必要ですので経過をお待ちいただくようお伝えしております。
術後、赤みや痛みが日に日に増加していくという状況であれば、もちろんすぐに対処が必要かとは思いますが、そのような症状がない様であれば、手術を受けられてたクリニック様にご相談されたうえで、様子をみていただいた方が良いかと思います。

眉間プロテーゼ+隆鼻術に用いる素材について

眉間プロテーゼ、隆鼻術に使うものはシリコンプロテーゼ、ゴアテックス、自家組織、のどれが適していますか?
ネットで調べたらシリコンプロテーゼは石灰化がおきるため入れ替えが必要、ゴアテックスはシリコンプロテーゼより感染しやすいなど出てきて、少し心配です。
できるだけリスクが少なく半永久的に安全に使用できるものを使いたいです。

A 眉間プロテーゼ+隆鼻術に使うプロテーゼは基本的にゴアテックス製プロテーゼになります。特別注文プロテーゼによりシリコンで眉間から一体型のプロテーゼをオーダーメイドすることもできます。シリコンもゴアテックスも生体内で半永久の素材とされています。
当院ではゴアテックス製プロテーゼを多用しておりますが、シリコンプロテーゼと比較し感染しやすいという印象は持っておりません。細心の注意を払って手術を行っておりリスクを最小限にする努力を致しております。

鼻筋にすでにプロテーゼが入っていますが、眉間プロテーゼに興味があります。

眉間プロテーゼを考えています。
すでに鼻筋にプロテーゼと、鼻中隔延長をしていますができますか?

A すでに鼻中隔延長術、プロテーゼを行っている方でも眉間プロテーゼを入れる事は可能です。
今のプロテーゼをそのまま利用しながら行う方法と、プロテーゼの入れ替えを行い、新しく眉間から鼻背への一体型プロテーゼを作成する方法があります。新しく一体型プロテーゼを作り入れ替えを行った方が自然で綺麗な輪郭に形成しやすくなります。

鼻プロテーゼについてどのように形を作るのでしょうか?

鼻のプロテーゼについて、レントゲン撮影してプロテーゼを作る医院と顔型や実際顔に当てプロテーゼを調節する医院とがありますが、やはりレントゲンを使用して作ってくれるほうが先のことを考えると良いのでしょうか?
値段も医院によりすごく違うので、安く済むなら嬉しいことですが、1番は将来的に安全かというとこだと思うので、どこでやればいいやら悩んでいます。
プリモ麻布十番クリニック様は先生が学会に入っていらっしゃり、専門医ということで、とても気になっています。
あと、ダウンタイムはどれくらいでしょうか?
なんとなく腫れてる程度ならいいのですが、内出血が化粧やマスクでカバーできないくらい出る期間というか、本当に人前に出られない期間はどれくらいありますか?

A 当院ではCTを事前に撮影して、そのデータからご自身の実体モデルを作成し、完全オーダーメイドプロテーゼ作成も行っております。
通常は、手術中に直接顔に当て削り出してご希望の形を作成し、実際にポケットにいれてさらにフィットするように微調整を行います。
ダウンタイムについては腫れと内出血によるところが大きくなります。
通常1週間程度で大丈夫なことが多いようですが、内出血が万一強く出た場合は2週間程度吸収までにかかる場合もございます。
内出血が起こりにくいよう、当院では術後に吸引ドレーンを用いております。
鼻周囲の内出血は医療用のコンシーラーを用いてある程度はカバーが可能かと思われます。

ゴアテックスについて

眉間と鼻筋をゴアテックスで高くしようと考えています。
今はシリコンプロテーゼが鼻筋に入っています。
今のところ、プロテーゼ自体に問題はないのですが、5ミリくらいの分厚いプロテーゼが入っているので将来が不安なのと、眉間にもはっきりとした鼻筋が欲しいので、ゴアテックスでの隆鼻を考えています。
私は、ゴアテックスを一度入れたら、できれば死ぬまで抜去したくないのですがゴアテックスはやはり長くいれていると危険なものですか?
やはり、入れ替えは必要でしょうか?
ゴアテックスは、やわらかいので変形したり厚さが薄くなったり、ゴアテックス自体が有害な物質になる可能性があるとネットで書いてあったのですが、本当ですか?
最後に、ゴアテックスはシリコンと同じ体にとっては異物なので、もちろん感染がある可能性は否定できないと思うのですが、その確率はどのぐらいでしょうか?
やはり、死ぬまで感染せずに形を維持できる例は稀でしょうか?

A ゴアテックスでの隆鼻、眉間プロテーゼは一般的なプロテーゼと危険性は大きく変わらないと思います。通常定期的な入れ替えは必要ないと考えます。
シリコンの場合長い間入れていると被膜に石灰化をきたしますが、ゴアテックスはその可能性が少ないといわれています。
ゴアテックスも入れる前は柔らかいですが、入れた後はそれほど柔らかく感じません。形の変形も少ないと思います。
ゴアテックス自体は美容外科でのみ使用する材質ではなく、心臓血管外科でも脳外科でも一般外科でも使用している材質です。1975年以来数多くの医療現場で使用されております。
感染のリスクはございますが、一般的には1%程度と言われています。
当院では感染の確率を下げる努力をしっかりと行っておりますので、
感染による再手術の確率は0.2%程度となっております。

ハンプのある鼻背ライン(鷲鼻)をプロテーゼで作成するとずれやすくなりますか?

プロテーゼでパンプのある鼻背ライン(鷲鼻)を作ると、プロテーゼがずれたりする可能性はありますか?

A プロテーゼで鷲鼻を形成することは可能でございます。
一般的に高く大きなプロテーゼはずれやすい傾向があります。
ハンプを作ろうとするとやはり大きなプロテーゼが必要となりますので、
ずれる可能性は通常よりはやや高くなってしまいます。
当院ではずれを防止する為にプルアウト固定をしっかりと4箇所で行った上、
外固定としてギプス固定を術後5日間行います。
それらが外れたのちにはご自身で注意いただくよう指導しております。

1 / 612...最後 »