鼻尖縮小についてオープン法やクローズ法があるようですが、この術式は鼻尖部の軟骨を形成し、また開いた軟骨を縫合して鼻先を小さくする術だと思うのですが、私の場合鼻先部分ではなく鼻の横部分の膨らみで軟骨などない皮だけの部分になりますが、それでもやはりこの手法が適しているのでしょうか?

A その部分は鼻翼軟骨外側脚がある部位になり、同部の軟部組織および軟骨の一部を切除することで細くすることができると思います。

2回目の隆鼻術手術なのですが、鼻のプロテーゼをいれる場合はやはり1回目より出血があったり骨膜下に入らなかったりするのでしょうか?

A プロテーゼによる隆鼻術を再度受ける際、以前の手術の瘢痕の影響を受けるため、多少出血が多くなったりすることはあります。骨膜下に入らないということはないかと思いますが、骨膜も以前の手術で損傷を受けている可能性もありますので、影響がないとは言い切れません。より確実に手術を行うにはオープン法による修正が適している場合もございます。

プルアウト固定のデメリット等はあるのでしょうか?
あるなら、具体的にどのようなデメリットでしょうか?

A プルアウト固定のデメリットは、手技がやや難しくコツがいる事、それに伴う時間を要する事です。糸を固定することによって感染のリスクがありますが、5日間程度留置で実際に感染が行った経験はございません。糸を通した針孔は目立ち困った経験はこれまでにございません。

鼻の手術で、プルアウト固定は、具体的にどのように固定するのでしょうか?

A 当院のプルアウト固定は5-0 Nylonを用いて、眉間部分に2本、鼻根部に1本、鼻背部に1本固定します。固定することで上下左右にずれず、正しい位置に固定されます。

私が最終的にどちらの仕上がりにしたいかによりますが、ゴアテックスを使う手術の場合、手術内容は、眉間プロテーゼ、隆鼻術、鼻中隔延長術になりますか?眉間プロテーゼ、鼻背部軟骨移植、鼻中隔延長術という組み合わせも可能なのでしょうか?

A 鼻中隔延長術+隆鼻術+眉間プロテーゼ手術の他に、鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術+眉間プロテーゼという組み合わせも可能です。
ご希望の形次第で術式の組み合わせが変わります。

ゴアテックスは術後、個人差はあると思いますがどのくらいの期間もちますか?
入れ替えが必要な時がくる確率は高いでしょうか?

A ゴアテックス製プロテーゼは半永久と言われています。入れ替えが必要な場合、希望が変わるなどが理由で、素材自体の耐久性の問題ということはありません。

鼻中隔延長術は鼻の中の鼻腔(奥の方)にはメスは入りますか? 鼻呼吸をすることには問題はないでしょうか?(術後すぐの鼻づまりを除いて。)

A 鼻中隔延長術では鼻の手前のみ触りますが、鼻腔内は全く触りません。
鼻呼吸は術直後の腫れを除いて通常それほど問題になることはないと思います。

眉間プロテーゼ、隆鼻術、鼻中隔延長をする場合、この3つの合計金額は麻酔代も入れていくらになりますか?

A 鼻中隔延長術¥600,000、隆鼻術¥300,000、眉間プロテーゼ¥150,000(セット割50%OFFの為)、全身麻酔¥100,000(税抜表記)
でございます。

術後の腫れはだいたいどのくらい続きますか?

A 術後の大きな腫れは1週間から10日ほどで引いてまいります。
それ後浮腫みなどもありますので理想のお鼻に近づくまでに3カ月~半年経過を診て頂いております。

術後の腫れは主に切開した鼻先、又は鼻骨の上のプロテーゼが入っているところでしょうか。それとも鼻腔内ですか?私がもともと普通より鼻腔が狭いので気になりました。

A 術後の腫れ、浮腫みの範囲は、お鼻全体から頬にかけてみられる傾向が多くございます。

1 / 3812...最後 »