他院の鼻中隔延長術の修正費用について

最近他院にてゴアテックスと肋軟骨を使用した鼻中隔延長を行ったのですが希望の鼻根部の高さは変えずに鼻先はアップノーズを解消する程度でという要望と程遠い鼻根部からのプロテーゼ、鼻先がハーフ顔のような長さがあり尖った印象になってしまいました。
正面から見た時の鼻先が上向きなのは改善されましたが横顔のやりすぎ感が嫌で修正を希望しています。
今の鼻中隔延長の軟骨を完全になくすのではなく高さ(長さ)を低く(短く)顔のバランスにあった自然な修正を希望しています。
もし可能な場合修正の場合の価格など教えて頂けますか?

A お鼻の修正をご希望との事ですね。
最近行っているという事で、まずは腫れが引くまで経過を見た方が良いかともいます。
3ヵ月以上待ってもやはり希望の形ではない場合には修正術を考慮いたします。
ご要望に対する手術ですと、下記内容のご案内になります。
鼻中隔延長修正術 ¥800000
他院鼻プロテーゼ入れ替え術 ¥400000
眉間プロテーゼ ¥150000
(上記は全て税別の価格となります)
ただ、こちらはあくまでも概算となりますことをご了承下さいませ。
実際に医師とのカウンセリングをお受けいただいたあとに、適切な術式とお見積もりをお伝えさせていただきます。

隆鼻術後1週間で腫れが気になります

一週間程前に他院で鼻のプロテーゼを入れたのですが、アバターみたいになってるように見えてどうしたらいいかわかりません。

A 通常、術後1週間ですとまだ腫れが顕著にでている時期と推察致します。
そのために、アバターのように眉間が高くなっている可能性がございます。
当院でプロテーゼを挿入された場合でも、術後1週間ですとまだまだ腫れている時期であり、最終的な完成までは6カ月程度必要ですので経過をお待ちいただくようお伝えしております。
術後、赤みや痛みが日に日に増加していくという状況であれば、もちろんすぐに対処が必要かとは思いますが、そのような症状がない様であれば、手術を受けられてたクリニック様にご相談されたうえで、様子をみていただいた方が良いかと思います。

鼻中隔延長術の際の採取軟骨について

私は過去に鼻尖形成・縮小を行っていて耳の軟骨を少し使っています。
また鼻中隔軟骨も小さいらしく頼りないそうです。
なので、鼻中隔延長をするのに肋軟骨を覚悟しておりましたが、どうしても心理的に胸の下を切るのに抵抗があります。

A 以前の手術で耳介軟骨を一部使っているとのことですが、使っている場所によってはまだ耳介軟骨によって鼻中隔延長術が十分に可能な場合もございます。耳珠軟骨、耳甲介舟などからも利用可能な場合がございます。
 もしも耳介軟骨が不足し難しい様ですと、当院では肋軟骨を用いる方法で鼻中隔延長を行うことが多いのですが、肋軟骨を用いたくない場合には、鼻中隔軟骨と耳介軟骨とを組み合わせて行います。

眉間プロテーゼ+隆鼻術に用いる素材について

眉間プロテーゼ、隆鼻術に使うものはシリコンプロテーゼ、ゴアテックス、自家組織、のどれが適していますか?
ネットで調べたらシリコンプロテーゼは石灰化がおきるため入れ替えが必要、ゴアテックスはシリコンプロテーゼより感染しやすいなど出てきて、少し心配です。
できるだけリスクが少なく半永久的に安全に使用できるものを使いたいです。

A 眉間プロテーゼ+隆鼻術に使うプロテーゼは基本的にゴアテックス製プロテーゼになります。特別注文プロテーゼによりシリコンで眉間から一体型のプロテーゼをオーダーメイドすることもできます。シリコンもゴアテックスも生体内で半永久の素材とされています。
当院ではゴアテックス製プロテーゼを多用しておりますが、シリコンプロテーゼと比較し感染しやすいという印象は持っておりません。細心の注意を払って手術を行っておりリスクを最小限にする努力を致しております。

鼻背部軟骨移植術はどこから軟骨採取し移植しますか

鼻背部軟骨移植術は耳の裏の軟骨を移植する方法ですか? それとも鼻の内部の軟骨を移動させる方法ですか?

A 鼻背部軟骨移植術に関しましては、通常耳介軟骨もしくは肋軟骨を採取し手術を行っております。場合によっては鼻翼軟骨を用いる場合もあります。鼻先と鼻骨下端のハンプ部分のギャップや陥凹を埋める目的に鼻背部に軟骨移植いたします。

他院の鼻の修正を考えています。時期について待った方が良いですか。

他院の鼻手術の修正について、手術後すぐに修正手術をするのも腫れが引くのを待ってからするのも、難しさや結果に違いはないですか?
再手術をすることによる負担によって鼻が崩れたりしてしまうなどのリスクは高くなるのでしょうか。

A 修正は早期に行うよりも経過を待って形の評価をしっかりとしたうえで、どの程度戻すのが良いのかを決めるのがリスクが少なく安心と思います。
ただし精神的に待てないような場合には早期の修正術にも対応しております。

鼻中隔延長術後の鼻が大きく見えます

鼻中隔延長術を受けて、鼻の形が思っていたよりも大きくイメージと異なる為、今から元の鼻に戻るなら戻したいです。
他のクリニックのホームページには抜去するなら早いうちがいいと記載されていましたが先生の話では抜去したら元の鼻より低くなってしまう為様子を見て削るなどするしかないということでした。
こちらのクリニックの施術の場合は抜去して元の鼻に戻ることはないという理解で良いのでしょうか?

A 経過中のまだまだ初期ですから、腫れの影響もあり大きく見えます。
様子を見ていただければ徐々に腫れが引いてすっきりとした印象になってきます。
通常鼻中隔延長術を行った後、元の形に戻す場合、延長に用いた軟骨を除去すると元の形よりも丸く低くなるため、延長軟骨を削り調節を行います。
時期は希望が強いようであれば早期に可能ですが、腫れが引くのを待った上で判断した方が良いかと思います。

鼻手術後の早期の腫れについて

鼻先の硬さについて、麻酔の影響などもあると伺ったのですが、インターネットで見たところ鼻先の柔らかい所は腫れが引いていくものの、硬い部分の腫れは引かないとの記事を読みました。
硬くなっている部分は軟骨が移植されている部分の為もうこれ以上大幅に腫れが引くことがないということでしたがそうなのでしょうか?

A 鼻先の硬い部分は軟骨を移植しているところですが、術後早期にはその部分も腫れはございます。
時間とともに少しずつ変化いたします。

鼻中隔延長術後の腫れについて

先日鼻中隔延長術を受けて今日抜糸をしたのですが元の鼻の1.5倍くらいの大きさになっていました。
看護師の方の説明では腫れがでているとのことですが触ってみると大きく腫れている部分が固く、骨のような感触です。

この固い部分も時間とともに引いていくものなのでしょうか。
抜糸を行った際、看護師さんに腫れについての疑問点などを聞いたところ、この後1ヶ月ほどでまだまだ引いていくとのことでした。
現在8日目ですが私の体感だと1日1日で引いている腫れは非常に微々たるもので、完成した鼻の予想が全くできません。

A 腫れ具合につきまして具体的な説明は難しいのですが、現在の鼻先あたりの太さは完成した際の細さの2-3割増しくらいかと思います。
頬のあたりも腫れておりますので、頬に関しましては元通りの感じになります。
そうすると鼻は相対的により一層ほっそりとした印象になります。
当院の鼻中隔延長術のモニター様の経過写真もHPのブログやリアルタイム報告などで見ることができます。
たくさんの症例の経過を見ることで腫れが引いていくイメージがしやすいのではと思います。

眉間プロテーゼ手術後の腫れについて

鼻中隔延長術、隆鼻術、眉間プロテーゼ手術を受けて10日経ちました。見た感じと触った感じで半分くらい腫れがひいてきたイメージがありますが、まだ眉間が高く太いきがします。

A 腫れの影響が大きい時期です。眉間部分はむくみが続きやすいところになりますので、3-6ヵ月の経過を待つ必要があります。眉間プロテーゼはかなり薄目に用いており、前額から鼻背への移行を自然に見せるために用いており、高さを出すために用いてはおりませんのでどうかご安心下さい。