鼻中隔矯正術とは

鼻の下半分が曲がって見える方、鼻中隔の曲がりによって鼻づまりが気になる方などに、鼻中隔軟骨の形をできるだけまっすぐに形成すること、鼻腔を広げることで症状の改善を図る術式です。




鼻中隔とは鼻腔内を左右に隔てる壁の様な板状のしきりのことです。骨と軟骨からなり、粘膜で覆われています。

骨性素因性斜鼻(直線型)
骨性外傷性斜鼻(くの字型)
軟骨性斜鼻(鼻偏位)
軟骨性斜鼻(鼻正中位)

多くの成人の鼻中隔は成長のバランスのずれが原因で多少湾曲しています。軽度であれば日常生活に問題は起こりませんが、重度のものは鼻中隔湾曲症と呼ばれ、鼻づまり・鼻血・鼻炎・頭痛・嗅覚障害などを引き起こします。

正常の鼻中隔軟骨
鼻中隔湾曲症C型
鼻中隔湾曲症S型
鼻中隔湾曲症

曲がり方は人によって様々です。Cの字のように曲がっている人や、Sの字に曲がっている人、とげのように飛び出している人もいます。
鼻中隔矯正術は、曲がっている鼻中隔軟骨を切除または削り、真っ直ぐになるように矯正・補強することで鼻中隔湾曲症を根本的に治療する手術です。

斜鼻の修正について

    鼻が曲がっているのを治したがまだ曲がりが気になる場合、鼻中隔軟骨の傾きや方向が原因であることがしばしばあります。鼻中隔矯正術を行い、可能な限りまっすぐな状態に形成いたします。斜鼻によって鼻閉が起きている場合には、spreader graft手術を同時に用いるなどで鼻腔を広げるように形成いたします。

プリモのこだわり

  • 鼻中隔軟骨の強度を考え軟骨の除去、再固定を最適に行います。
  • 必要に応じPDSプレートを利用し、強度の補強及び矯正の補強をいたします。
  • 手術中に気道を安全に確保するため、全身麻酔下に行います。
  • クローズド法とオープン法を使い分けます。

鼻中隔矯正修正術のプリモのこだわり

  • 術後の形態や機能(鼻閉などの改善)の両立を目指した修正を行います。

適応

  • 鼻の曲がりが気になる方
  • 鼻中隔が原因の鼻閉がある方

方法

鼻中隔矯正術
鼻中隔矯正術

全身麻酔後、オープンアプローチまたはクローズドアプローチにより鼻中隔軟骨への視野を確保します。
鼻中隔の軟骨膜と鼻中隔軟骨を剥離させます。
鼻中隔軟骨の曲がっている部分を切除または削りとり、鼻中隔が真っ直ぐになるように調整します。
傷口を層々縫合により閉創いたします。

鼻中隔矯正術とよく同時に行われる施術

    鼻先の高さや向きを変えたい場合、鼻中隔矯正術と同時に鼻中隔延長術が併用されます。骨性斜鼻がある場合には整鼻術を同時に行い、骨性斜鼻と軟骨性斜鼻の両方を同時に修正いたします。
    鷲鼻(ハンプ)も気になる方は鷲鼻形成術、整鼻術を併用し行います。鼻閉の改善を図るためspreader graft手術を併用いたします。

Q&A

  • 手術後の腫れはどのくらいでひきますか?
  • 手術後1週間ほどでひいていきます。
  • お化粧はいつからできますか?
  • 手術後通常5~7日間ほどで抜糸を行います。抜糸後に化粧を行うことができます。
  • 手術は痛いですか?
  • 鼻中隔矯正術は基本的に全身麻酔で行います。術中痛みを感じることはありません。
  • 傷は目立ちますか?
  • 鼻の中から手術を行う場合、表の皮膚に一切傷は残りません。オープンアプローチで行う場合、鼻柱を一部切開しますが、傷は正面からは見えにくく、目立ちません。
  • 手術後に鼻が低くなることはありますか?
  • 湾曲している部分の軟骨だけを削りますので、鼻の高さが変わることはありません。

料金

鼻中隔矯正術 600,000円
鼻中隔矯正術
(鼻中隔延長術または整鼻術とセットの場合)
300,000円
※表示金額は税抜価格となります。

症例写真はこちら

術後経過・リスク・副作用・合併症

術後経過について

手術後の腫れ
1週間ほどで引いていきます。
化粧
手術後、5~7日後に抜糸を行います。抜糸後に化粧をすることができます。
手術後の内出血
稀に発生することがあります。内出血が生じると鼻周囲が黄色っぽくなります。個人差はありますが、通常1~2週間で徐々に吸収され消失いたします。
手術後の違和感
手術後に鈍い痛みや矯正による違和感を生じることがあります。多くの場合は数日で消失いたします。
傷跡
オープンアプローチで行う場合、鼻柱に傷が残ります。数ヶ月は傷の赤みがあり、その後時間の経過とともに薄茶色から白い瘢痕に変化します。3~6ヶ月かけて、傷が目立ちにくくなっていき、最終的にはほとんどわからないほどになります。クローズドアプローチでは鼻の中から手術を行うため、外見上傷は一切残りません。
鼻の感覚が鈍くなる
手術後、鼻先の感覚が鈍くなることがありますが、一時的なものがほとんどです。
鼻出血
手術後、鼻から出血がみられることがあります。鼻の穴を必要以上に弄ったり、指などを入れないようにして下さい。

リスク・副作用・合併症について

鼻づまり
手術後稀に腫れなどの影響で鼻づまりが起こります。ほとんどの場合腫れが引くとともに症状が軽減されますが、改善されない場合、手術により改善を図る場合があります。
感染

稀ですがどのような手術でも感染のリスクがあります。感染が起きた場合、抗生物質による点滴治療や、洗浄処置、膿がたまっている場合は小切開排膿を行い、場合によっては異物の除去が必要です。

起こりうる可能性のあることを列挙しております。当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。

起こりうる可能性のあることを列挙しております。
当院ではこれらの症状を起こさないよう、それぞれについてしっかりと対策をとり、細心の注意を払い施術を行っております。
万一症状が起きた場合にも対処法をご用意しております。症状の改善を図るよう全力で診療を行います。