鼻中隔延長術の際の採取軟骨について

私は過去に鼻尖形成・縮小を行っていて耳の軟骨を少し使っています。
また鼻中隔軟骨も小さいらしく頼りないそうです。
なので、鼻中隔延長をするのに肋軟骨を覚悟しておりましたが、どうしても心理的に胸の下を切るのに抵抗があります。

A 以前の手術で耳介軟骨を一部使っているとのことですが、使っている場所によってはまだ耳介軟骨によって鼻中隔延長術が十分に可能な場合もございます。耳珠軟骨、耳甲介舟などからも利用可能な場合がございます。
 もしも耳介軟骨が不足し難しい様ですと、当院では肋軟骨を用いる方法で鼻中隔延長を行うことが多いのですが、肋軟骨を用いたくない場合には、鼻中隔軟骨と耳介軟骨とを組み合わせて行います。

鼻背部軟骨移植術はどこから軟骨採取し移植しますか

鼻背部軟骨移植術は耳の裏の軟骨を移植する方法ですか? それとも鼻の内部の軟骨を移動させる方法ですか?

A 鼻背部軟骨移植術に関しましては、通常耳介軟骨もしくは肋軟骨を採取し手術を行っております。場合によっては鼻翼軟骨を用いる場合もあります。鼻先と鼻骨下端のハンプ部分のギャップや陥凹を埋める目的に鼻背部に軟骨移植いたします。

鼻先の高さを残しながらプロテーゼが浮いてきているのを修正したい

去年の夏に鼻プロテーゼ+鼻中隔延長術+鼻尖縮小手術をしました。
最近になってプロテーゼが浮いてきたような感じがします。
なので、除去したいのですが手術した病院に相談したところ、鼻中隔延長術と鼻尖縮小術をしているから抜くと鼻先だけ高くなり不自然になると言われてしまい悩んでいます。(高さや形は気に入っているのであまり変えたくないです)
鼻中隔延長術と鼻尖縮小術の手術をしていると、こちらの病院で修正はできないのでしょうか?

A 鼻中隔延長術+鼻プロテーゼ+鼻尖縮小術後にプロテーゼが浮いてきてしまったので取り出したいということですが、当院での修正方法は、
①プロテーゼを抜去したのち、浮きにくいゴアテックス製プロテーゼへの入れ替えを行う方法、
②プロテーゼを抜去したのち、鼻背部に耳介軟骨移植を行い、鼻先からの流れを整え、必要に応じ鼻根部、眉間はヒアルロン酸などの注入を行い高さを維持するなどの方法が考えられます。
これらの方法であれば鼻先の形はそのままで手術を行うことができます。

鼻の手術を6回受けています。鼻先が凸凹しているので修正したい。

私は6回鼻の手術をしています。
ゴアテックスを入れ肋軟骨による鼻中隔延長をしていたのですが、気に入らず細めのプロテに替え鼻尖縮小などをして全体的に小ぶりにする手術をしました。
もう少しで術後3カ月になるのですが鼻頭というか、鼻尖部分が凸凹になっていて影っぽく黒くなっています。
鼻頭の軟骨も細く白くボコッと出ている様に見えます。
このような場合、修正はどのような手術法ができますか?

A オープンアプローチから鼻尖の状態をしっかり把握し、出すぎている部分は削り、不足部分には耳介軟骨、真皮脂肪や筋膜などの組織移植する方法が考えられます。術式名としましては鼻尖形成術になります。

鼻中隔延長術後の鼻先の硬さについて

鼻中隔延長を行っていただき、術後1カ月程度経ち、形は満足しています。
ですが鼻先が硬く、左右には多少動きますが、上下には全く動きません(いわゆる豚鼻ができない)。
この手術をすると、鼻先はカチカチのままで、上下に動かす事も不可能になるのでしょうか?

A 鼻中隔延長術後は左右方向の動きは柔らかくでてきますが、上下方向はやはり硬いのが通常です。
鼻中隔延長を行った場合、上下方向は柔らかくすることは難しいと思われます。ただ長期経過では耳介軟骨による鼻中隔延長術では多少上下方向に動きが出てきます。

 

耳介軟骨採取について

耳介軟骨は同じ所からもう一度取るのは可能ですか?

A 耳介軟骨は取れる量が限られておりますので、取る量にもよりますが、一度採取した所からは難しい事が多いようです。