眉間プロテーゼ+隆鼻術に用いる素材について

眉間プロテーゼ、隆鼻術に使うものはシリコンプロテーゼ、ゴアテックス、自家組織、のどれが適していますか?
ネットで調べたらシリコンプロテーゼは石灰化がおきるため入れ替えが必要、ゴアテックスはシリコンプロテーゼより感染しやすいなど出てきて、少し心配です。
できるだけリスクが少なく半永久的に安全に使用できるものを使いたいです。

A 眉間プロテーゼ+隆鼻術に使うプロテーゼは基本的にゴアテックス製プロテーゼになります。特別注文プロテーゼによりシリコンで眉間から一体型のプロテーゼをオーダーメイドすることもできます。シリコンもゴアテックスも生体内で半永久の素材とされています。
当院ではゴアテックス製プロテーゼを多用しておりますが、シリコンプロテーゼと比較し感染しやすいという印象は持っておりません。細心の注意を払って手術を行っておりリスクを最小限にする努力を致しております。

他院でI型プロテーゼを入れたら鼻先が上向きになってしまい改善したい。

他院で鼻にI型プロテーゼをいれたのですが、プロテーゼの位置がやや上にはいってるせいか、鼻先が上に向いた感じになってしまいました。
この場合、鼻中隔延長術はせずにプロテーゼ入れ替えだけでは改善しませんか?

A 鼻プロテーゼ後の形態変化について拝見してみないと正確な事は申し上げにくいのですが、一般的にはプロテーゼを入れて上を向いた感じになった場合、鼻中隔延長術によって修正する事が多いようです。
プロテーゼの尾側が高すぎる場合、削るないし入れ替えを行うことで、上向きに見える状態が改善する可能性もございます。

ハンプのある鼻背ライン(鷲鼻)をプロテーゼで作成するとずれやすくなりますか?

プロテーゼでパンプのある鼻背ライン(鷲鼻)を作ると、プロテーゼがずれたりする可能性はありますか?

A プロテーゼで鷲鼻を形成することは可能でございます。
一般的に高く大きなプロテーゼはずれやすい傾向があります。
ハンプを作ろうとするとやはり大きなプロテーゼが必要となりますので、
ずれる可能性は通常よりはやや高くなってしまいます。
当院ではずれを防止する為にプルアウト固定をしっかりと4箇所で行った上、
外固定としてギプス固定を術後5日間行います。
それらが外れたのちにはご自身で注意いただくよう指導しております。

鼻骨の骨膜は剥離してしまうと修復が不可能なのでしょうか?

骨膜剥離をおこしてしまうとプロテーゼを入れ替えたとしても
その剥離してしまった部分の隙間はもう修復は不可能なのでしょうか?
自然治癒はしませんか?

A 骨膜剥離をおこしてもいずれ自然治癒いたします。
ただしその間にプロテーゼが骨上ではない位置に入ってしまった場合には、動揺する可能性があると考えます。

ゴアテックス製プロテーゼは被膜拘縮を起こさないのでしょうか?

鼻中隔延長の術後に、鼻の穴の見え方に左右差が出来た為、他院にて鼻孔縁下降をして頂きましたが、現在、両方の鼻の穴が目立っております。(被膜拘縮が原因かと思います)
2回も被膜拘縮を経験している私としては、御社にてこの際ゴアテックスに入れ替えたいと考えております。
ゴアテックスは被膜拘縮は殆ど無いと考えて宜しいでしょうか?

A ゴアテックス製プロテーゼは周囲に被膜を生じにくいといわれておりますが、長期的な病理組織検査によるデータでは異物反応が認められ、石灰化も起こるという報告があります。被膜拘縮はゴアテックスを用いれば無いとは言い切れないようです。
ご状態がどの程度の被膜拘縮で、ご希望がどういった形かによって修正の術式が変わります。

鼻プロテーゼ抜去+ヒアルロン酸注入の費用について

鼻プロテーゼ抜去、ヒアルロン酸注入を同時に施術する場合の費用はどのくらいかかりますか?

A 鼻プロテーの抜去と、ヒアルロン酸注入を同時施術する場合、他院様での鼻プロテーゼ抜去は100,000円でございます。
ヒアルロン酸注入量により異なってまいりますが、0.1 ccあたり、9,000円となっております。ヒアルロン酸注入量の目安としては、小さめのプロテーゼを抜去した場合、およそ0.5 cc程度、大きめのプロテーゼの場合は1.0 cc程度としております。

他院で入れた鼻プロテーゼの入れ替えについて

他院で鼻のプロテーゼを入れたのですが、気に入らないのでこちらの病院で新しくプロテーゼを入れようか考えてます。
入れる場合はプロテーゼ抜去代もかかるのでしょうか?

A 他院様で入れられたプロテーゼを入れ替えする場合の費用は抜去代を含み400,000円となっております。一度手術を受けられた状態の修正となりますので、より慎重かつ丁寧に修復する必要がございますので、open approachが必要となる場合もございます。

L型プロテーゼを抜去してヒアルロン酸を同時に注入したい。

現在Lプロテが入っていますが、鼻先が気になっています。
抜去をしてヒアルロン酸を入れたいと検討中ですが、周りにバレないか不安でなおかつ今妊娠中なので手術は、今すぐはできないと思うので、悩み中です。

A 鼻プロテーゼ抜去術のご相談ですね。
妊娠中は手術を一切お勧めいたしません。
ご出産後に落ち着きましたらご相談いただければと思います。
抜去と同時にヒアルロン酸注入ももちろん可能です。
それ程腫れは大きくなく、ヒアルロン酸で高さや形が維持できますので、
周りの方にバレにくい方法かと思われます。

他院で行ったフレックスノーズが戻ってしまいました

フレックスノーズで鼻先を高く形成しましたが、すぐに戻ってしまいました。
永続して鼻先を高く整える方法は何が一番よいのでしょうか?

A 鼻先を高く形成する方法は、当院では自家組織である軟骨を用いて鼻中隔延長術を行っております。L型プロテーゼで鼻先までを形成すると皮膚が薄くなった際に危険な点、鼻先の形もやや不自然になりやすく、鼻先が上向きに見えやすくなる場合もある点などが問題と考えるからです。鼻中隔延長術によって一度形成した鼻先の形は永続いたします。

L型プロテーゼの問題点が心配です。

そちらにレーザーで伺っているものですが鼻の整形についてトラブルのテレビをみていたら怖くなりました。
わたくしはL字型のプロテーゼが入っています。
特に今は問題なく過ごしています(たぶんかなり薄いものを入れた)が、見ていると10年くらいすると石灰化するなどなど…
一生入れておいても平気な方の方が多いのですか?
それともLを入れた方はみんないつか抜かなきゃいけないのでしょうか?
とても心配になりました。

A L型プロテーゼを入れているすべての方がいつか抜かなくてはいけないということは決してございません。どの程度の割合でトラブルが起こるかの正確な割合のデータは、残念ながら当院には ございませんが、低い確率であるかと思われます。
 石灰化はシリコンプロテーゼを入れてる方で10年以上経過すると多くの方で生じる症状ですが、必ずしもトラブルになるという症状ではありません。もしも石灰化部分が大きくなり変形を伴った場合などに初めて修正を考慮する形でも良いかと思われます。
 L型でより心配な症状としましては、鼻先の皮膚の菲薄化です。皮膚が薄くなって最悪露出の危険が出てまいります。薄いものであれば大丈夫なことがほとんどであると考えますが、もしも心配であればいつでも診察をさせていただきますので遠慮なくお問い合わせ下さい。
 当院ではL型よりも変形や露出の危険性の少ないI型のプロテーゼを使用しており ます。鼻先の形成を要する場合には、自家軟骨を用いた鼻中隔延長術を行っております。より安全な術式と考えております。