鼻柱基部プロテーゼについて

鼻柱基部プロテーゼを鼻中隔延長と一緒にやりたいのですが、貴院ではこれらの施術はやっておられますか?

A 当院でも鼻柱基部プロテーゼは用いております。場合によっては自家組織(軟骨移植)によって鼻柱基部を持ち上げる方法もございます。鼻中隔延長術と同時が形態的に良いかと思われます。

他院で鼻中隔延長術を受けましたが、ぶた鼻が治ってなく修正したい

韓国で鼻整形(鼻中隔延長術、鼻尖縮小術、小鼻縮小術、鼻筋にゴアテックスによる隆鼻術)をうけたのですが、あきらかに鼻の穴の形がおかしく、下からみると四角いのです。
それに、鼻先も全然延長されていないですし、余計にぶた鼻になってしまいました。
通訳の方は腫れているから、と言うのですが、明らかに形がおかしいですし、ぶた鼻です。
日本に帰国したら貴院で再手術を受けたいのですが、6ヶ月経ってからカウンセリング予約が好ましいですか?

A カウンセリングはもちろんいつでも大丈夫です。ご心配でしたら早めに診察をさせていただきます。
修正術を行う場合は、やはり6か月程度経過を待ってからの方が無難な場合もございますが、ご状態とご希望によってはすぐの修正も承っております。

鼻中隔延長術は修正となる確率が高いといわれているようですが本当ですか

他の美容外科の先生がブログで、鼻中隔延長は将来的に修正しなければならない確率が50%ほどあるから耳介軟骨移植の方がいい、という趣旨のことを書いていたのですが、これは本当ですか?
できれば、鼻中隔延長をした人がどれくらいの割合で修正しにきているのかも知りたいです。

A 鼻中隔延長術は比較的難易度の高い手術です。
将来修正をする確率が50%の施設もあるかも知れません。
当院では手術の際に時間をしっかりと確保し、丁寧に不具合が出ないようたくさんの対策を講じておりますので、幸い修正を行う方は少数になっております。
さらにもしも不具合が生じた場合に、
修正方法についても効果的な方法を用意しております。
実際には、患者様のご希望を叶えるにはこの手術しかないことも多いので、当院では多用しております。

鼻中隔延長術の術後笑った時などに不自然な鼻になりませんか?

鼻中隔延長をすると笑ったときなどに不自然な鼻になったりしませんか?
鼻中隔延長をした場合どれだけ元の自然さを保てるか知りたいです。

A 人によっては笑った時に鼻柱が出過ぎるという症状も認められます。
鼻中隔延長術によって鼻先を下向きにできる点、鼻先の高さが得られる点、鼻柱を降ろすことができる点などがこの術式のメリットです。
このメリットを享受するためには、鼻先の硬さなどはある程度仕方のない部分と考えることができる方は手術をお受けいただけると思います。
理想の形態をどの様にするかによって自然さが保てるかどうかが変わる術式です。自然な形態を望まれる場合には、理想とする鼻の写真をご自身の考える自然な鼻でお選びください。可能な限り近い印象になるよう努力いたします。

鼻中隔延長によってどれほど鼻先は硬くなりますか

鼻中隔延長をしたら鼻先が硬くなるということですが、どれほど硬くなるのでしょうか?
触ったらバレるほどでしょうか?

A 鼻中隔延長術の術後は鼻先が硬くなりますが、横方向にはある程度自然にしなるようになります。
縦方向に硬いので、豚鼻のように上方向に上げるのは難しくなります。
当院は通常耳介軟骨で延長しますので、経過とともにある程度柔らかくなります。
肋軟骨を用いた場合にはかなり硬く触れますが、この強さによって理想の形が形成されますので、修正の場合などにはよく用います。

鼻先を斜め下に下げたいのですが鼻中隔延長はせず鼻尖形成術でおこないたい

鼻先を斜め下に下げたいのですが、鼻中隔延長はしたくないです。
他院の多くでは鼻尖形成(耳介軟骨移植)で鼻中隔延長ほどではないけれど、鼻先を下げられるそうです。
そちらの鼻尖形成でも鼻先を下げることは可能でしょうか?

A ご存知の通り鼻尖形成術によっても鼻中隔延長術程ではありませんが、鼻先を下向きに下げることは可能です。
当院でも耳介軟骨移植による鼻尖形成術は行っております。
下げる程度が大きい場合は鼻中隔延長術をご提案いたしますが、軽度であれば鼻尖形成術でも対応可能な場合があります。
元々の鼻翼軟骨がしっかりとしてる方は鼻尖形成術でも下がりやすいようです。ご自身の鼻翼軟骨の大きさ、強さ、鼻尖皮膚の厚さ、硬さなどによって結果が左右されやすい術式です。確実な下向きの形を作りやすい方法はやはり鼻中隔延長術になります。

鼻中隔延長術後に鼻先の輪郭が浮いてきました

5年前に他院で鼻中隔延長術+隆鼻術(I型プロテーゼ)を受けましたが、最近鼻先の輪郭が浮き出てきて不安になっています。
浮き出てるものは全て軟骨でしょうか?
鼻先もプロテーゼではなく軟骨でしょうか?
ここ2、3日で、少し赤みがあるように見えますが、軟骨が飛び出す可能性などはありますか?

A 鼻中隔延長術の場合、鼻先はプロテーゼではなく軟骨ですべて形成されております。
鼻先にストレスを加えたり、外傷を負わない限り、軟骨が皮膚を破って出てくる事は可能性として非常に低いかと考えております。
赤みは心配な症状ですので、近日お時間の許す際に一度拝見させていただければ幸いです。
修正は移植軟骨を適量削り、必要に応じて脂肪組織などを移植いたします。

鼻中隔延長術後の鼻づまりについて

鼻中隔延長術後、鼻詰まりがしばらくしても改善されないケースはよくあるのですか?

A 鼻詰まりは鼻中隔延長術後に起こり得る症状ですが、術後間もない時期には腫れの影響で必ず起こります。経過とともに腫れが引いて、鼻の通りは改善してまいります。
 可能な限り鼻閉を防ぐ方法を採用しておりますので、当院ではそれ程悩まれる方は多くありませんが、術後6か月経過しても鼻づまりが続くようであれば、移植軟骨の部分的な修正やspreader graftを用いた手術によって改善を図ります。

鼻中隔延長術に伴うリスクについて

ネットで色々調べたら鼻中隔延長は変形のリスクが高いと書いてあったのですが、今まで変形したケースや、軟骨が浮き出てしまうケースは何件かあるんでしょうか?
鼻は怖いので、やるなら一度で、死ぬまでそのまま触らないことが理想なのですが…。

A 鼻中隔延長術はご存知の通り比較的難易度の高い手術です。
鼻の変形や鼻づまり、軟骨が浮き出るなどの症状は、
経験の浅いDrなどが行うとリスクの高い手術になってしまいます。
当院の医師は鼻中隔延長術を、これまで1000例以上行ってきております。
当院の患者様で鼻中隔延長術後に、希望の変化なども含めなんらかの理由で修正した方は5%程度かと思います。
ご希望の鼻の形に近くするためには最適な方法で、この手術以外では自然に整えることができないため、当院ではとても希望者の多い手術となっております。
多くの経験からリスクを軽減させる手技をしっかりと行っておりますので、
ご安心ください。

今I型プロテーゼを入れていて鼻先に高さが欲しいです。今のプロテーゼが好きで、抜かずに入れたまま鼻中隔延長したい

今I型プロテーゼを入れていて鼻先に高さが欲しいです。今のプロテーゼが好きで、抜かずに入れたまま鼻中隔延長したい

A 現在のプロテーゼを入れ替えずにその高さに合わせて鼻中隔延長術をすることも可能です。
その際、プロテーゼの加工が必要な場合もございますのでカウンセリングにお越し頂いた際、現在のお鼻のご状態や理想のお鼻などについて詳しくお伺いできればと思います。

1 / 1112...最後 »