2度目の鼻翼縮小術について

顔の中で鼻が悪目立ちしているのが悩みです。
以前に他院にて小鼻縮小(フラップ法)を受けたことがあるのですが、再度、内側法で小鼻縮小を受けることはできますか?

A 鼻翼縮小術(内側法)は2回目も可能です。
これまで当院では他院様で鼻翼縮小術を行った方でも、適応があれば2度目の鼻翼縮小術を行っています。

鼻翼縮小術を希望していますが、同居家族にバレたくない。

鼻翼縮小の手術を希望していますが、同居の家族にもわからないように行うのは不可能ですか?

A 鼻翼縮小術の内側法は傷跡が鼻孔縁付近で比較的目立たない方法です。
腫れは術後数日は頬、口唇あたりまで浮腫んだ感じになります。
抜糸を行うまでの5日間は鼻孔に糸がある状態です
それほど長いダウンタイムは要しませんが、初期の腫れと糸が隠せれば可能性は下がると考えます。
腫れを軽減させる内服薬の併用も一つの方法かと考えます。

鼻翼縮小術後、鼻の下が盛り上がった感じになることがありますか?

私はすそ野の広がった横広な鼻を直したく、鼻翼縮小術を受けたいと考えています。
鼻の下の脂肪が多いのですがこの手術を受けたとして術後に鼻の下が盛り上がるなど見た目に影響はありますか?

A 鼻翼縮小術によって鼻の下の上口唇は腫れなどによってはじめ少し盛り上がった感じになります。
経過とともに軽快していきますが、はじめの1-2カ月少し気になる方がいらっしゃいます。

鼻の下半分を整えたいのですが、小鼻の大きさが気になります。
プロテーゼ、鼻先を細くする手術は他院で3年ほど前にしました。
しかしもともと小鼻が大きいので、鼻がまだ大きく見えます。
もし小鼻縮小をする場合、内側と外側どちらが適しているでしょうか?
それから、鼻中隔延長術だけでかなり改善されるのでしょうか?

A 鼻中隔延長術によって鼻先を少し下向きにしながら、高さを高くする方法は鼻翼を控えめに見せる良い方法になります。鼻翼縮小術については、鼻中隔延長で伸ばすことで小鼻の張り出しは控えめになりますので、ひとまず鼻中隔延長術の効果を見ても良いかと思います。鼻翼縮小術を行う場合、鼻の横幅が気になる方には内側法を、小鼻自体の大きさ、張り出しが気になる方には外側法を、その両方が気になる方には両方をお勧めいたしております。
大きい鼻を自然に小さくしたい

鼻が大きく鼻が広がっているため穴が大きく見えます。だからいつもマスクをしています。自然に治す方法はありますか?

A 鼻が大きいのを小さくする場合、鼻尖縮小術および鼻翼縮小術が適応になります。当院の鼻尖縮小術は3D法と言う名称を用いております。正面からも横からも3次元的にほっそりとした自然な美しい鼻を作ることを目的に行っております。鼻翼縮小術は鼻孔の形を自然に保つ三角弁を用いた方法を全例行っております。これらによって鼻の下半分のボリューム感を自然に小さくすることが可能です。

鼻翼縮小術の再手術について

過去に一度鼻翼縮小手術を受けました。外側切開したのですが希望したようにならず、まだ傷は目立ちます。私は小鼻が張ってるというより笑った時鼻の下半分が横に広がるのが嫌で横幅を狭くしたかったのにほとんど変わってないです。なので再手術したいのですが、内側法は、後戻りすると聞きました。また外側切開したらかなり傷目立ってしまいますかね?あと私は麻酔が苦手なので局所なら何とかできます。あとプロテーゼ入ってたら鼻尖縮小は、鼻先だからできないですよね?

 

A  一度ついた傷は消すことはできませんが、切除再縫合で改善が望める場合もございます。笑った時の広がる症状が改善していないとすると、もう一度鼻翼縮小術(外側法)で傷痕を修正しながら、広がりを防止する方法を選択するのも良いかと思います。内側法が後戻りするかどうかは、術者と方法によるところが大きいと思います。適切に行う限り大きく戻ることはないと思っています。麻酔方法は選択可能です。局所麻酔下に手術を行いう事は可能です。プロテーゼが入っていても鼻尖縮小術は行うことができることが多いと思います。

鼻翼縮小術の修正について

私は4年前に小鼻縮小と鼻尖形成をやったのですが、両側の鼻の付け根に2ミリくらいのこぶ?があります。毎回皮脂が溜まるのですがそれを絞って出しています。これを除去することは可能ですか?
手術を受けたところに行っても適当で対処してくれませんでした。
もう一度鼻を整形したく思っています。
でもそれは以前のようなメニューではなく鼻の付け根の幅を狭めたいものです。その場合の手術はございますか?

A 両側の鼻の付け根にこぶがあり、皮脂がたまりやすいとのことですが、切除する、あるいは高周波メスで焼灼することで治すことが可能と思われます。切除は最小限で可能と思われますが、小鼻がより小さくなる恐れもありますので、状態を見て適切な治療を選択する必要があります。
鼻の幅を狭くする手術には鼻翼縮小術があります。鼻翼縮小術(内側法)は傷跡が鼻の外側にほとんど残らないので人気の施術です。十分に鼻の幅を狭く控えめにすることができる施術です。鼻翼縮小術(外側法)は鼻翼自体を小さくすることができますので、張り出しが強い方に向いている術式です。現在のご状態とご希望の形態から最適な方法をご提案いたします。