鼻翼基部プロテーゼ手術を行っておりますか?

貴院では、鼻翼基部プロテーゼの手術は可能ですか?

A 鼻翼基部プロテーゼは当院でも行っております。通常はシリコン素材のプロテーゼを用いておりますが、肋軟骨などを用いた自家組織でも行っております。

人中短縮術によって鼻下を短くさせたい。鼻翼基部プロテーゼとどちらが先が良いでしょうか?

人中短縮手術に関して質問させていただきます。
この手術を受けた場合鼻の穴が少しでも大きく感じる可能性はありますか?
また唇を形を変えないで鼻下を短くすることは可能でしょうか?
筋肉に処理はしますか?
私は黒人の血が入っているため色黒で傷がのこりやすいんですがやはり傷跡はかなり目立ってしまうのでしょうか?
アフターケアなどはなさいますか?
また法令線プロテーゼ手術も考えているのですがその場合人中短縮手術は前に行った方がいいでしょうか?
それともあとでしょうか?

A 上口唇短縮術を行うことで、多少鼻が横に広がることがあります。
このため、鼻翼縮小術(内側法)を合わせて、あるいは後に行うことがあります。
上口唇赤唇部はこの手術によって引き上げられるため必ず厚くなります。
程度は引上げ方、ご状態次第となります。
筋肉の処理は行っております。
傷痕は内部処理をしっかりと行いますので、通常それほど目立つということはありませんが、体質が関与する場合はわかりません。
ご相談内容から鼻中隔延長術によって鼻柱を下げ口唇白唇部の短縮を図る方が良い可能性があります。
鼻中隔延長術によって白唇部は短くなるとともに赤唇の形はほとんど変化致しません。また鼻翼も広がらず、むしろ引き伸ばされスリムに見えるようになります。傷跡に関しましても鼻中隔延長術の方が圧倒的に目立ちません。

法令線プロテーゼは鼻翼基部プロテーゼの事かと思いますが、どちらが先でも同時でも良いかと思います。