アプローチについて

鼻中隔延長術をおこなう場合アプローチはオープン、クローズのどちらですか?

A.  鼻中隔延長術の結果を最大限に求めるとしたらオープン法となります。
オープン法のメリットは手術の確実性、安全性、手術時間の短縮などがあります。
その結果、感染も低減させ得ると考えております。
もちろんご希望によってクローズ法でも可能ですので、
遠慮なくお申し出下さい。