鼻へのヒアルロン酸注入について

鼻に入れるヒアルロン酸は、時間がたつと完全に元通りに戻るのですか?
また、戻る場合何回ヒアルロン酸を入れても完全に元通りに戻るのですか?

ヒアルロン酸は、時間経過とともに吸収されていく注入剤ですが、多量に入れた場合などは一部分解を受けずに長期間残ることがあるようです。残ってしまったヒアルロン酸をなくしたい場合は、ヒアルロン酸溶解注射を使用することで完全に分解することができます。

鼻中隔延長術による鼻先の修正について

3年前にIプロテーゼと鼻尖縮小と鼻軟骨移植をしました。 鼻はかなり上向きで鼻の大きさが左右違います。左の穴に大きなしこりがあります。癒着もしていて鼻先は硬いです。耳介軟骨で鼻中隔延長をして症例写真の様に鼻先を長く高く下に向けたいのですが修正できますでしょうか。

A  他院での鼻手術後の変形の治療で、鼻中隔延長術は大変強力に修正できる術式です。相当硬く上向きに固まった鼻先も、適切に剥離し下向きに修正することが可能です。当院では修正例でも耳介軟骨をファーストチョイスに考えておりますが、低い確率で肋軟骨を用いた鼻中隔延長術お勧めする場合もございます。当院のどのモニター症例写真の様になりたいのかカウンセリングの際に教えていただければ、具体的な話ができると思います。もちろん自分の理想の鼻の写真をご持参いただいても結構です。

鼻中隔延長術後の軟骨の吸収について

鼻中隔延長術は将来的に見ると耳から移植した軟骨が吸収されて変形する可能性がある上に、鼻の組織と癒着してしまって、修正が非常に困難になると知りましたが、本当でしょうか。
また、鼻孔縁形成手術(鼻翼部耳介軟骨移植)でも耳軟骨を使用しますが、これも年数が経つと周りの皮膚に癒着して、取り除くことは困難でしょうか。

A 鼻中隔延長術後、耳介移植軟骨の吸収変形について、当院で経験した鼻中隔延長術後の軟骨の吸収症例は、約400症例中、感染を併発した1症例のみと考えております。
経験した範囲では通常経過中に明らかに吸収され変形した症例はないようです。
手術を行う限りどのような手術も瘢痕組織ができ癒着はおこります。何度も手術を行うことが前提ならどのような手術でも2回目はやりにくくなります。ただし、適切な手術後の正常な癒着であれば、当然修正もやりやすく問題がないことが多いようです。
当院では他院修正例も多数手掛けておりますが、癒着がひどい症例も適切に手術をおこない改善させることができております。

鼻孔縁形成術も同様です。もしも移植組織を取り除く必要性があれば、丁寧な手術を行うことで除去する事は可能です。
鼻中隔延長術は、現在ある数々の手術術式の中ではとても安定して良い結果が得られる手術と考え、当院では好んで用いております。

鼻プロテーゼ抜去の同時ヒアルロン酸注入について

プロテーゼを入れて20年以上経ってます。
どんどん、皮膚が薄くなって形が出てきてます。
早く除去と思っております。
その後、なるべくそのままの高さをキープしたいのですが、これ以上鼻の中に異物を入れるのは嫌で、
こちらでは、除去をした後にすぐ注入できるとHP載ってましたが、他医院は3週間から1ケ月経たないと注入できないとのこと。
大丈夫なのでしょうか?

A 当院ではプロテーゼ抜去術と同時にヒアルロン酸の注入をおこなっておりますが、まったく問題はございません。
プロテーゼの大きさに応じ、術前に注入量を決めておき、手術中にプロテーゼを取り除いた空間にヒアルロン酸注入をおこないます。

ただし、プロテーゼの入っている状態とは異なりますので、術前とまったく同じ高さに整えるというのは難しい場合がございます。
この手技によりプロテーゼ抜去後に急に鼻が低くなるという見た目の問題が解消できます。
1週間後の抜糸の際にはおおまかな腫れはひいておられますので、万一物足りなければこの時点以降で鏡を見ながらの追加注入をおすすめしております。

レディエッセ注入による隆鼻術について

隆鼻でレディエッセをお願いしようかと考えています。
他院で今年の3月にエボレンスクラシックを鼻に施術していて、ほとんど吸収されているかとは思うのですが、わずかに残っているといえばそうかもしれません。
その上からレディエッセを打っていただけるでしょうか?
それとも、コラーゲンが分解可能なら分解をお願いするか、もっと吸収されるのを待ってからレディエッセに踏み切ったほうが後のことを考えれば良いのでしょうか?
あと、大体でかまわないのですが、鼻全体を高くスッキリさせるには、みなさんそれぞれだとは思いますが、平均的にどのくらいの量を使用していらっしゃるのでしょうか?

A お問い合わせありがとうございます。ヒアルロン酸やコラーゲンが入っている状態でもレディエッセの注入はおこなっております。注入を繰り返すうちに自然と以前のものが吸収されてレディエッセに置き換わると考えられます。
鼻筋全体に注入される場合は、0.3 ~ 1.5 ccくらい使用されていらっしゃいますが、もとのお鼻の状態と仕上がりの好みにより量は様々です。
一度ご状態とご希望を拝見すれば、必要量をご説明できますし、また注入途中に確認していただいてお好みやご予算に合わせながら少しずつ注入することも可能です。

鼻翼縮小術について

鼻翼の大きさに悩んでいます。鼻翼縮小施術をしたいのですが、腫れや傷跡が心配です。
また施術後、抜糸するまでは施術跡は目立ちますか?

A 鼻翼縮小は比較的腫れの少ない手術で、大きく目立った腫れを引き起こす心配はほとんどないと思います。術後縫合部は抜糸まで4~5日間は細い糸がついております。
その間はマスク等で過ごされて、抜糸翌日からファンデーションで傷の赤みを隠していただいております。
傷跡に関しては、最小限となるよう形成外科的に丁寧に縫合しております。ご心配であればより傷痕の目立ちにくい内側法をおすすめいたします。

人にばれにくく鼻を高くしたい

鼻が低くて悩んでおります。プロテーゼによる
隆鼻術を受けたいです。3ミリか4ミリにしたいかと思います。高さはミリ単位でか
なり差異は有りますか?職業柄、整形がバレたくないです。

A プロテーゼによる隆鼻術ですが、3mmと4mmの差は僅かですがそのまま形態に現れると思います。
高さも鼻根部から鼻背までどのあたりをどのくらい高くするかは術前の希望を伺い調節していきます。

職業柄整形ばバレたくない方は多いですね。
隆鼻術は鼻の穴の中からのみの切開なので傷は表には残りません。
ゴアテックスという素材のプロテーゼを使用しますので、シリコンよりも辺縁が出にくく自然でばれにくくなります。

手技的には、プロテーゼはまっすぐに入れるためプルアウト固定という特殊な方法で固定します。皮膚に糸を出しますので、針穴のみ少しだけ赤みがありますが、メイクで簡単にごまかせると思います。

また当院ではプロテーゼがしっかりと安定するよう骨膜の下に入れるのでポケットを作成する際の腫れは鼻と目の周囲にも少し影響します。腫れ、内出血を最小限にするために、特殊なドレーンを用いておりますので、それらはおよそ1週間で落ち着いてきます。
隆鼻の程度をマイルドにすればするほど気付かれる心配は減少すると思いますので希望を伺いながら高さは微調節可能です。

鼻中隔延長術後の鼻詰まりについて

もともと鼻炎の症状があり、よく鼻づまりをするのですが、この鼻中隔延長術の手術をした後はさらに鼻詰まりがひどくなるといったトラブルが起きた人はいらっしゃいますか?

A  鼻中隔延長術の術後は炎症による腫れのため鼻づまりが起こります。この鼻づまりは腫れが落ち着いてくると通常は解消いたします。
軟骨を移植した分だけ鼻腔は狭くなりますので、もともとの状態によっては鼻づまりがひどくなる可能性もあると考えます。極力鼻腔通気を妨げないよう軟骨移植を行っております。術前の鼻腔通気の検査も行い、術後の評価に役立てております。
鼻詰まりの改善方法は、移植軟骨が安定した時期に狭くしている原因部分を切除し鼻腔を広げる手術、spreader graftを移植し鼻腔を広げる手術などで改善いたします。手術での改善を図る方の割合としては1%程度です。

隆鼻術後の鼻プロテーゼの安定度について

隆鼻術ではオーダーメイドプロテーゼを入れると思うのですが、鼻をつまんだり、鼻に物をぶつけたりするとずれたりするトラブルになる可能性はありますか?
それともその程度じゃびくともしないのでしょうか?

A 隆鼻術の際に用いる鼻プロテーゼは、術後早期は強く力を加えるとずれる恐れがありますので注意が必要です。当院では骨膜下にしっかりとプロテーゼを入れております。術後1-2ヶ月もすればしっかりと固定されますので、つまむくらいでずれたりすることはありません。
鼻に物をぶつけた際に負う外傷は、プロテーゼのあるなしに関わらず、衝撃の強さによると思います。鼻骨はプロテーゼが入っていることで緩衝材となり、反対に骨折しにくくなる可能性があると思います。

鼻中隔湾曲症手術後の鼻中隔延長術について

4年くらい前に鼻中隔湾曲症という手術をしまして、鼻中隔の一部をすでに抜き取っているので、延長する部分を耳の軟骨を移植して補うことになるかと思いますが、耳からの移植だけでもある程度の延長は期待できるのでしょうか?

A 通常鼻中隔湾曲症の手術は尾側の鼻中隔軟骨を残すことが多いと思われます。鼻中隔軟骨が一部欠損しても、尾側の鼻中隔軟骨が残っていれば、問題なく延長術が可能です。診察の際に触診などで残っているかどうか判別が可能です。普通にあれば全く問題なく耳介軟骨により最大限の延長が期待できます。

26 / 2812627...最後 »