団子鼻の修正で鼻先のみの整形を考えています。デメリットを教えてください。

私は団子鼻のため、鼻先修正の整形手術を検討しています。 鼻先のみの修正で不自然になったりしますか?また、鼻先のみの修正手術でも鼻の形はすっきりして見えるようになりますか?(すっきり見えるようになったとして、それは元に戻ったりするのでしょうか?)

整形手術後、鼻で息がしづらくなったりするというような生活においてのデメリットがあればお教え願います。鼻先の修正手術だとなんという術式が適応になるのでしょうか?

上記のデメリットが解消されるのであれば、修正手術を検討したいと思います。

 

A
団子鼻の修正については前の手術の影響となりたい理想の鼻の形によって提案される術式が変わるかと思います。

今の鼻先がやや低いために丸く感じる場合、あるいは今の鼻よりも高く細くといった要望の場合、鼻中隔延長術がもっともパワフルに理想を叶える術式となります。

今の鼻の状態が大きいために丸い場合は鼻尖縮小術(3D法)または鼻尖形成術が適応になります。
適切な脂肪の除去や鼻の軟骨の切除、移動などで整えることができます。

鼻の整形手術後に息がしにくくなることはあり得ます。
通常は術後の腫れが収まってくれば通ってきます。
それでも通りにくい場合は、移植軟骨を一部削るなどの手術や、場合によってはspreader graftという軟骨移植手術を行うことで改善を図ることができます。

後戻りに関しては、しっかりと軟骨移植などを行うことで一度完成した形が元に戻るということは考えにくいと思います。
当院ではプチ整形レベルの簡単に戻る手術は行っておりません。

 

鼻のプロテーゼについて

I型プロテーゼとL型の違いについて教えてください。
安全性が高いのはどちらでしょうか?

I型とL型のメリットデメリットはなんでしょうか?

A 
I型プロテーゼは鼻根部から鼻尖手前までをプロテーゼで高くする方法です。
通常鼻先には異物が入りません。
L型プロテーゼは鼻根部から鼻先までプロテーゼが入ります。
安全性の観点からは、I型プロテーゼの方が、鼻先に異物が無い分安全と考えます。
L型プロテーゼは鼻先に異物が入り鼻の高さを高くする、細く見せるため、どうしても鼻先の皮膚が薄くなります。
内部に異物がある状態で皮膚が薄くなると露出の危険性も生じます。
L型プロテーゼは比較的簡単に鼻先まで高くできるという利点があり、慣れた先生が行う限り問題が無いと思われますが、うまく入れないと鼻先が上に上がって見える、不自然に鼻先が尖り過ぎる、鼻の穴が丸くなり、鼻の穴から鼻先までの大きさが強調される、触るとぐらぐら動くなどの問題点も生じることがあります。
当院ではL型プロテーゼは一切用いておりません。
鼻先を高くしたい場合は鼻中隔延長術を選択しています。