当院の麻酔について

局所麻酔

局所麻酔剤を注射し痛みを取り手術を行います。局所麻酔はおよそ1時間程度効果が持続しますので、その時間で終了する手術の場合、局所麻酔のみで手術を行うことができます。当院の局所麻酔で使用する針は30G~32Gと極細の針を使用しておりますので、刺入時の痛みも最小限となるように配慮しております。

ブロック麻酔(伝達麻酔)

やや大きな神経の出現する部位は解剖学的に正確に決まっております。少しの麻酔量で広範囲に無痛領域を作ることができるブロック麻酔は、鼻の手術においても大変有効です。当院のブロック麻酔で使用する針は30G~32Gと極細の針を使用しておりますので、刺入時の痛みも最小限となるように配慮しております。

静脈麻酔

点滴を静脈にとり、そこから麻酔剤を投与し痛みを無くし、眠った状態を維持することができます。局所麻酔などと併用しながら施術を行います。覚醒のよい麻酔剤を用いておりますので、手術終了後からご帰宅までの時間もそれほど長くかかりません。

笑気麻酔

笑気混合ガスを吸うことで痛みや意識を短時間とる方法です。針を刺すこと自体も怖く嫌という方に用いる事があります。短時間の手術や処置などにも用いることがあります。

全身麻酔

麻酔ガスを呼吸することで、痛み、意識をとる方法です。気道をしっかりと確保し、安全に手術を遂行するための麻酔方法です。施術内容にもよりますが、麻酔薬を低濃度で維持するため、回復が早く、鼻の手術の場合、基本的に入院の必要はありません。