BT 鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術+他院鼻プロテーゼ抜去術手術後2週間の経過

po2w%e6%ad%a3%e9%9d%a2-215x300

鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術+他院鼻プロテーゼ抜去術手術後2週間の経過写真です。

腫れが落ち着いてきました。

術前正面

手術前の正面です。

術前は他院のL型プロテーゼが回転して入っていて、
鼻背ラインが異常に細く、
鼻尖も変形している状態でした。

この状態だと皮膚に傷がつきやすく、

左鼻腔にもプロテーゼが突出していて、

今にも露出しそうでした。

po2W斜め
手術後2週間の斜めからです。

鼻筋が自然な形態になりました。

術前斜め
手術前の斜めからです。

術前はプロテーゼが回転して入っている影響から、
鼻背ラインが不自然に細い状態です。
鼻先も上向きで丸く変形しています。

術後は鼻中隔延長術によって鼻先は下向きになり、
鼻背のプロテーゼも抜去し、
鼻背部軟骨移植術で修正をしています。

po2W横
手術後2週間の横からです。

術前横
手術前の横からです。

術後は鼻先に高さが出て、顔に立体感ができました。

鼻中隔延長術の効果で鼻先は下向きに高くなっています。

鼻背部もプロテーゼを抜去し低くなりましたが、

鼻背部軟骨移植術の効果で鼻先への移行をできるだけ自然になるようにしています。

BT 鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術+他院鼻プロテーゼ抜去術手術後1週間の経過

po1W正面

鼻中隔延長術+鼻背部軟骨移植術+他院鼻プロテーゼ抜去術後1週間の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

他院で入れたプロテーゼが回転して入ってしまい、
鼻背部は異常に細い状態です。
鼻先も丸く、左鼻腔にL型の足が突出していてかなり左右差も生じています。

術後は鼻中隔延長術で鼻先を修復し、
異物であるプロテーゼはもう嫌だということで。
鼻背部には耳介軟骨移植術を行っております。

まだ少し腫れている時期ですが、

大まかなバランスは改善いたしました。

 
po1W斜め
手術後1週間の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

術前はかなり鼻背部のプロテーゼが細く筋として目立っていました。

皮膚自体も白くなっており、傷みやすい状態でした。

術後は鼻背ラインは自然に整っています。

po1W横
手術後1週間の横からです。

術前横

手術前の横からです。

術前は鼻先の向きも上向きでした。

術後は鼻が下向きになり、
鼻背部はプロテーゼを抜去しましたので、
元の高さに戻りました。

鼻背から鼻根部はもう少し高さが欲しいところですが、

ご本人のご希望から何もせずの状態です。

今後希望があれば注入でも、手術による形成でも対応が可能です。

BS 鼻中隔延長術による鼻尖修正+他院鼻プロテーゼ修正術後1ヶ月の経過

po1M正面

鼻中隔延長術による鼻尖修正+他院鼻プロテーゼ修正術後1ヶ月の経過写真です。

術前正面
手術前の正面です。

術前はプロテーゼの入れ変えなどを3回程度おこない、
鼻のコンディションは良くない状態でした。

内部は瘢痕に包まれ、硬く、正常構造が壊れていました。

術後は鼻中隔延長術などによって形態がある程度修復されています。

po1M斜め

手術後1ヶ月の斜めからです。

術前斜め
手術前の斜めからです。

鼻中隔延長術により術後は鼻が下向きになっています。

po1M横
手術後1ヶ月の横からです。

術前横
手術前の横からです。

術前は高すぎるプロテーゼが入っていたようです。
反対に鼻先には以前の外傷による瘢痕があり硬く低い状態でした。

鼻中隔延長術によって鼻先は高さが回復し、
逆に鼻背から鼻根部は自然な高さに整えました。

顔の中でのバランスが改善したと思います。